PCB処理とはどんな処理ですか

PCB処理とはPCBというポリ塩化ビフェニルによって起因する毒性のある機械を処理することを指します。そのPCBという毒性をもつ機械は工場にある高圧の変圧器であるトランスや蓄電器であるコンデンサなどに使用されていました。なおこれらの機械は72年以降製造分にはPCBは使われていません。その昔製造されて内部に毒性のあるPCBが含まれているその機械は使用中止後も適度な保管方法や場所がなく長い間工場の片隅などで放置されていました。しかし欧米などの先進国が処理工場や処分場で処理していく中で日本は立ち遅れていましたが、2001年の法律施行でやっと国の中間貯蔵が建設されてそこで処理されることになりました。なおこの国の中間貯蔵施設は現在全国の5か所に存在していて、処理をしてもらう場合はこの処理施設を有する会社のホームページから申請をするようになっています。

日本のPCB処理は燃焼方式でなく化学処理方式

PCBというのはポリ塩化ビフェニルの略称で1972年以前の高圧の変圧器や蓄電機などに使用されていましたが、毒性があり、その成分が紛れ込んでの食中毒アクシデントが発生した経緯もありまして現在では使用されていません。そしてその成分が含まれた機械も使用中止となりました。その毒性があるPCBを処理する場合は専門の処理施設に持ち込んで処理しないとなりませんが、そのPCB処理方法は大きく燃焼方式と化学処理方式があります。この処理方法に関して世界的には燃焼方式が圧倒的になっています。しかし日本ではこの方式はあまり使われず、化学処理方式になりました。その理由は燃焼方式の場合は燃焼させるときにダイオキシンなどが発生しやすく周辺住民や自治体の反対により処理工場の建設認可がなされなかったからです。そのため化学処理方式で処分されることになりましたが、こちらはそのようなデメリットや懸念がない一方で処理自体に時間がかかりすぎるというデメリットがあります。そのため計画は遅れに遅れて全部を処理するには後20年経過しても間に合わない公算が強くなってきていてその間に燃焼方式を多用して処理を進めてきた欧米各国との差が歴然としています。

PCB処理を行っている業者

PCB処理を行うためには、無害化で処理できる施設を有する専門業者に依頼することが必要になります。PCB処理をせずに廃棄すると、法律で厳しく罰せられますので、十分に注意することが必要です。PCBの処理を行う専門業者は、PCBを含有する産業廃棄物の収集と運搬、無害化処理までの全ての過程を行っています。産業廃棄物の中にPCBが含まれているかの調査を依頼することもでき、調査のうえ無害化処理をしてもらえます。工場の跡地にマンションを建設する場合には、工場の跡地がPCBによって汚染されていないかを調べてもらうこともできます。処理業者は環境大臣の認定を受けていますので、PCBを無害化処理できることを国から認められています。相談や見積もりなどは全て無料ですので、気軽に相談のうえ見積もりをしてもらうことができます。

東京トヨペットの自動車保険なら、万が一の事故の時の修理と保険の窓口が一緒なので安心です。 トヨタ車は販売店によって扱っている車種に違いがあります。 東京トヨペットだけの特別仕様車も続々販売中です。 新車を購入されたお客様は、1ヵ月・6ヵ月目に無料点検を実施しています! 気になる車があれば、ぜひトヨペットへ試乗にお越しください! 車の種類はハイブリッドやワゴンなど多種多様! プリウスα g'sのお求めならこちら